青汁を飲むメリットは?美味しくて効果的な飲み方!

【青汁を飲むとどんなメリットがあるの?】

 

青汁にダイエット効果や便秘解消効果などがあるとよく言われています。

 
この効果は青汁を飲むことによるデトックスに期待が出来るからです。

 
青汁というのは、ケールや明日葉のような緑黄色野菜を中心とした成分で作られている野菜ジュースです。

 

 
一般的な野菜ジュースとの違いはその主に使われている食材の栄養価の高さです。

 
ミネラル分が多く、カリウムや食物繊維などが豊富なため体に溜めがちな人のデトックスを促進させることが出来ます。

 

 
薬ではありませんのではっきりとお通じが改善するような効果は期待出来ませんが、毎日飲むうちに自然にお通じが来るようになったなどと感じられる人が多くいます。

 

 

【青汁で効果がない人もいる?】

 

 

青汁を飲んでも何も変化がない!と感じる人もいます。残念ながら青汁は万能薬ではありませんので、乱れた食生活で青汁だけを飲んだとしてもその効果を発揮することは出来ません。

 

 

まずは生活を見直してみる、その上で足りない栄養を補うために青汁を飲むことが効果的です。

 

 
ただ青汁さえ飲んだら何とかなると思っていてもそんな上手くはいきません。

 

また便秘やダイエット効果を期待して飲んでも成果が出るまでには時間がかかることもあります。

 
でも元々体の中に溜め込みがちだった人の場合、青汁を飲むことで一番最初に気付くのは肌の調子の良さ、体調の良さです。

 
朝すっきりしている、肌荒れが減ったと感じることが青汁を飲むことで多く感じられます。

 

 

【青汁を飲むタイミングは?】

 

 

青汁は薬ではありませんので、一日のうちいつ飲んでも構いません。

 

 
朝すっきりしたいのでしたら夜飲むことも良いですし、ダイエット効果に期待したいのでしたら朝食を青汁に置き換えることも効果的です。

 

 
朝というのは夜の食事を食べてから時間が経過しているため、体が軽い飢餓状態になっています。この時に食べるものは吸収率が高くなりますので、空腹状態の体に青汁を飲むことで効率よく栄養を摂ることが出来ます。

 
食事の前に青汁を飲むことで食べすぎを予防することも出来ますね。

 

 

【青汁の美味しい飲み方】

 

 

最近では美味しい青汁が増えたため、以前よりも飲みやすくはなりました。それでも野菜が元々苦手という人の場合には青臭さが気になりますね。

 

 

青汁の中でもケールが主成分の場合には苦くて飲みにくいですので、ケールの配合率が低いものがおすすめです。

 

 

また飲む場合には水よりも牛乳や豆乳に溶くほうが、味がまろやかになり飲みやすくなります。さらに牛乳より豆乳のほうが脂肪分も少なくイソフラボンを含むため美容効果にも期待できます。

 

 
それでも味気ないと感じる場合にはハチミツを少量溶いて飲んでみてください。ハチミツは美容効果にも期待できますし、便秘改善にも効果があります。青汁と飲むには相性の良い組み合わせなのです。

 

 

【まとめ】

青汁には健康や美容に嬉しい効果があります。

 

 
ただ青汁を飲むだけで全てが解決するわけではありません。

 
飲む時には牛乳、豆乳やハチミツと混ぜて飲むことでより効果も期待できるようになります。

 

 
自分のライフスタイルに合わせて1日に1杯習慣にしてみるのも良いですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ